• 永代供養にするメリット

    • 近頃の日本では、お墓についての考え方に時代による変化が出てきています。
      その背景には、都市部に人口が集中していることが、核家族化や、少子高齢化が進んでいること、お墓の承継者が不在であることなどといった問題が発生しているためになります。

      そして、檀家と、菩提寺の関係が薄れてきていることも理由の一つとなっています。そのような意識や、事情の変化によって、これまでの、お墓では引き継ぐことが難しかったり、必要はないと感じていたりする人たちが非常に多いというのが実態となっています。



      お墓は引き継ぐことができないと、無縁墓となります。

      無縁墓になってしまう悩みを抱えている方の問題を解決する方法として永代供養を選択するということが、都市部をメインにして年々多くなってきています。

      T-SITEに関連した書きかけ項目です。

      永代供養は、お墓を引き継ぐ人がいない場合でも、霊園や、寺院が遺族や、親族に代わって、永代に亘り故人の遺骨を管理したり、供養したりすることになります。



      霊園や、寺院によって故人の遺骨を供養する期間が定められていて、一般的には、およそ33年ぐらいとなっていますが、霊園や、寺院に相談すると色々な期間にすることができる場合もあります。
      そのため永代供養に申し込むときには霊園や、寺院が定めた規約を十分に確認して内容を知っておいてから申し込む必要があります。一般的に、お墓は引き継ぐ人が存在しないと契約することができませんが、永代供養墓は故人の遺骨を引き継ぐ人がいない場合でも、契約が生前にできるということがメリットとなります。

  • 身に付けよう

    • 永代供養の種類と選ぶ理由

      永代供養が運営されている形態には、一般的な、お墓と同じ様に、民営墓地や、公営墓地、寺院墓地といった3種類があります。永代に亘り故人の遺骨を管理してもらったり、供養をしてもらったりするので、きちんとした管理体制で、運営されている墓地を見つけるのが重要なことになります。...

  • 行事の補足説明

    • 永代供養墓のメリットについて

      永代供養墓とは、お墓参りをできない人、お墓参りしてくれる人がいない場合にお寺や霊園が代わりに管理維持、供養を行うお墓の形態です。代々のお墓が遠方にある、子や孫などの継承者がいないなど現代の少子化、核家族化が進む中とても注目され、人気を上げている形態のお墓です。...

  • 行事の話・行事関係の情報