• 永代供養の種類と選ぶ理由

    永代供養が運営されている形態には、一般的な、お墓と同じ様に、民営墓地や、公営墓地、寺院墓地といった3種類があります。

    永代に亘り故人の遺骨を管理してもらったり、供養をしてもらったりするので、きちんとした管理体制で、運営されている墓地を見つけるのが重要なことになります。

    永代供養墓は、個別型や、合祀型、集合型といった種類が存在します。



    個別型は、遺骨を個別、または夫婦や、家族単位で骨壷に分けて個別の空間に埋葬する種類の、お墓になります。

    通常のお墓と同様に墓石を用意して遺骨を納骨しますが、霊園や、寺院によっては、個別に納骨する期間が前もって決められていることが多く、その期間が経過すると共同墓に遺骨が移されることがあります。

    NAVERまとめの情報ならこちらを参考にしてください。

    合祀型は、共同墓ともいい、骨壷から取り出した遺骨を特定の墓所の敷地内に埋葬する種類のものになります。
    別の方の遺骨と一緒に埋葬されて、その場所に記念碑や、塔などが建てられます。



    そして集合型は、故人の遺骨が入っている骨壷が安置される場所が、個別になっておらず他の方の骨壷と一緒になっている種類のものなのですが、遺骨を納骨する場所は霊園や、寺院によって、それぞれです。

    そして、その場所に小さな石碑や、塔を建てます。故人の遺骨を永代供養にすることを選んだ理由として挙げられるのは、お墓を引き継ぐ人がいないことや、お墓を引き継ぐ人が独身で子供がいないこと、お墓を引き継ぐ人がいて子供もいるが、あまりお金をかけて欲しくないことなどがあります。