• 自然に還る!自然葬が今注目されるワケとは

    かつて人は死ぬとお墓に入るのが通例でした。むしろ他の方法がなかったとも言えるでしょう。



    しかし、現代は死後の身の終い方に様々な選択肢が出てきています。

    Yahoo!知恵袋の情報がてんこ盛りのサイトです。

    そんな中で自然葬にも注目が集まっています。



    自然葬とは死後自然に還るということがコンセプトですが、広義では樹木葬や土葬、風葬や鳥葬などを意味し、狭義では散骨のことを指します。自然葬の人気の裏には、死後、先祖代々の「家」のお墓に一緒に入るのではなく、個人で入る墓、個人墓の認知度が上がっていることも上げられるでしょう。夫や義父母と一緒にはお墓に入りたくないという女性も増えています。


    また分骨も普及し、一部を手元供養にしたり、一部だけお墓に入れ残りは散骨などのバリエーションも出てきていることも原因の1つです。

    遺骨や、仏教に対する考え方の変化も顕著で、お墓のみならず、葬儀についての考え方やお寺との係わりも変わってきています。
    これらのジャンルは今過渡期に入っていると言うことが出来るでしょう。

    自然葬が注目されている要因の1つに経済的な問題もあります。


    これまでのようにお墓を買って一般的な葬儀を出すことはなかなか厳しくなっているのです。自然葬はお寺へのお布施を減らすこともでき、お墓もいらないため経済的です。


    しかも子孫に負担をかけずに済むことも大きいでしょう。

    時代とともに葬儀やお墓への考え方は変わってくるでしょう。

    自然に還る一代限りの葬儀は今後もさらに普及することが予想されます。ただしこれまでグレーゾーンだった散骨などについては今後法整備が進み、規制がかかってくることもあるでしょう。