• 永代供養墓をお考えの場合に知っておきたいこと

    永代供養墓とは、お墓参りが出来ない場合やお墓の管理をする人がいない場合でも、代わりに永代に亘って供養や管理をするサービスです。



    高齢になってお墓の管理がしにくくなったり、遠方でお墓参りに行けない場合などに安心です。

    Girls Channel情報のご紹介です。

    墓石代がかからないのも人気の一因です。

    最初に利用料を支払えば、あとは全てお任せでお布施などもかからず管理、供養してもらえます。



    利用料は形式によってかなり幅がありますが10万円〜100万円程度です。平均で30万円〜50万円ほどと考えれば良いでしょう。


    生前の宗派は問われないのが通例ですが、改宗を求められる場合もあります。

    永代供養墓は一般に合祀形式になり、個別の納骨でないため、後から取り出すなどは出来なくなります。
    最初の一定期間だけ個別に納骨堂などに納めてもらえる場合もあるため確認しておくとよいでしょう。

    永代供養墓に納骨してしまってから近親者とのトラブルにならないように事前にしっかり相談しておくことをお勧めします。

    すでに遺骨をお墓に埋葬している場合、永代供養墓に埋葬しなおすためには、いったん遺骨を取り出す必要があります。

    その際自治体に改葬許可証を貰う必要がありますが、詳細な手順は自治体によっても違うため、お墓のある地域の役所に問い合わせてみると良いでしょう。場合によっては自治体で改葬のサポートを行ってくれる場合もあります。

    現在のお墓を更地に戻すには、石材店に依頼することになるでしょう。