• 永代供養墓のメリットについて

    永代供養墓とは、お墓参りをできない人、お墓参りしてくれる人がいない場合にお寺や霊園が代わりに管理維持、供養を行うお墓の形態です。


    代々のお墓が遠方にある、子や孫などの継承者がいないなど現代の少子化、核家族化が進む中とても注目され、人気を上げている形態のお墓です。


    費用面での負担も少なく、墓石代がかからないことや最初の時点で費用を払えばその後の管理費やお布施などの費用がかからないことが特徴です。

    宗教宗派にとらわれないことも人気の理由の一つです。



    永代供養墓の種類としては、仏像や仏塔、碑などの地下や半地下に納骨棚を作り、そこに遺骨を納める合同のお墓、建物の中に遺骨を納める納骨堂、個別で作るお墓などがあります。

    お寺や霊園によって様々な形があるので、生前に色々見学をして自分の永遠の眠りの場所を決めている方も多くなりました。
    生前に申し込みができるのも永代供養墓の良さです。

    お参りする子孫たちも、自由な感覚でお参りが出来ることや細やかな管理が要らないことで、現代の自由化や簡素化がお墓にも適応しているということが時代にマッチしていると言えます。

    都内などの土地代が高い場所でもお墓に入ることができることで、自分が仕事をしていた場所や住んでいた場所の近くに眠りたいということが実現できるのです。

    All Aboutの詳細情報を掲載しています。

    こうした人気の高まりで、各寺院や霊園でも永代供養墓を拡大しています。



    従来のお墓を継続してくことが困難な方たちにとっての受け皿となる新しい形のお墓のスタイルなのです。